Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

好き勝手に
つぶやくくとこ。
pi
Comment
Link
Profile
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■イルマーレ

うおおおおーーー!!
ものすごーく驚いたことがあります。
それは映画本編のストーリーとは関係ないというか、関係あるというか・・・

2年時代がずれた状態での女医ケイトと建築家アレックスの文通・・・恋愛・・・
その話の中で、ひとつの象徴的な本が出てきます。
ケイトが2年前に、駅で忘れてしまったお父さんの形見の本・・・その本を(2年前を生きている)アレックスに探してもらって「いつか届けて」って言う。。。その本のテーマは「待つ」ということ。
二人の恋愛も・・・2年のずれを補うためには、2年間、待たなければいけない・・・・

その本が・・・ついこの間、私が読んだジェインオースティンの「説き伏せられて」(別名 「説得」)なのよーーー!!
わーーー、びっくり!!
ジェインオースティンの「高慢と偏見」は、ユーガットメールとかBJの日記に出てくるんだけど・・・そっかー、この本も出るのねー!!

と。

そんなことに改めて気づき、感動した私・・・(笑)

ストーリーは映画館で見たときよりも、理解できたかな・・。
こっからはネタバレ。

2年ずれた状態での文通の中で、二人はどんどん惹かれていき・・「どうしても会いたい!」ということになる。
アレックスは2年後の「イルマーレ」というレストランを予約。(それはケイトにとっては「明日」になるわけだが)。
でも、アレックスは来なかった・・・。
文通をしているアレックスにとっては、それは「未来」の話で、自分がなぜそのレストランに行かなかったのか、わかるはずもなく・・・
ケイトは限界を感じて・・・文通をやめます。

それから2年後のバレンタイン・・・偶然、アレックスが「2年前の今日に事故で死んだ」ことを知るケイト。
2年前・・・ということは・・・アレックスの「今日」なわけだ。
慌てて手紙をポストに入れるケイト。
実際、アレックスはケイトに会うために広場に行き、交通事故で亡くなっていた。。それをなんとか止めたいがため・・・「行かないで。私を探さないで。私に会いに来ないで。2年待って。2年後にここにきて」
って・・・。

で。まぁ、結局、その手紙を読んだアレックスは、事故にあわず・・・2年待って湖畔の家で二人は落ち合うってことです。はい。

あー、わかりにくい説明になっちゃう映画だ・・・(笑)
それよりなにより、「説得」の本がキーワードだったことがうれしい私(笑)
| 観る。 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.