Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

好き勝手に
つぶやくくとこ。
pi
Comment
Link
Profile
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
 GWに夫とレンタルDVDにて。



映画上映されているときに派手なTVCMを何度か目にしていたので、楽しめるかなーと思って鑑賞。
案の定?(笑)大スペクタクルエンターテイメント系の映画でした。
オーランドブルームが出てたからかなぁ・・なんとなく「パイレーツオブカリビアン」臭いというか、話は全然違うけど、作りが似てるなーという感じがしたなぁ。

「三銃士」のお話自体は、昔からある名作で、ミタニ監督が人形劇にもしているくらいなわけですが。
この映画はどうなんだろ??原作を詳しく知らないから何とも言えませんが(^^);ものすごーく脚色してある感じがしました。

そして、レンタルDVDなので3Dではなかったんだけど、絵的にはものすごく3Dを意識したものでした。



17世紀フランス。若い若いルイ13世が国をおさめる世の中。
国を守る銃士に憧れ、元銃士の息子であるダルタニアンは首都パリにやってくる。ケンカっぱやい性格が原因で、かの有名な元「三銃士」とそれぞれ決闘をすることになったダルタニアン。
しかし、彼らを良しとしない、今のフランスを牛耳っているリシュリュー枢機卿の部下たちに囲まれ、「同じ敵」を持つ身、として三銃士の仲間となる。

三銃士、アトス・ポルトス・アラミスが、それぞれ特徴ある雰囲気、性格でおもしろかった。でもさー。アトス役の人ってどこかで見たことあるなーと思ったら映画「プライドと偏見」のMr.Darcyなんだよねー。なーんかイメージ違うし。っていうか、あのDarcyもイメージ違ったけど(苦笑)声は素敵です(笑)



で。
フランス国内も枢機卿のせいで危うい雰囲気なんだけど、ここにイギリスのバッキンガム公爵(オーランドブルーム)が関わってくる。枢機卿はルイ13世の奥さんが目障りで・・・ダイヤモンドのネックレスをバッキンガムの手に渡して、ルイ13世に「奥さん浮気してるよ」ってはめようとする。
その準備をするのが謎の女スパイ、ミレディ。

ミレディはミラ・ジョヴォヴィッチ。確かにスパイらしい動きで(バイオハザードっぽかった)きれいでしたが。あの時代のドレス姿はイマイチ似合わなかったなー(^^); 彼女はアトスと付き合ったり、バッキンガムと付き合ったり、枢機卿の手下だったり・・・誰の味方なのか誰のスパイなのかよくわからない謎の女性。
なんというか、もうそのままルパン三世の「不二子ちゃーん!!」って感じでした。

ダルタニアンと三銃士はこの枢機卿の悪巧みを阻止し、英仏の関係悪化を阻止し、国王を守るため、いや、国を守るため・・・ネックレス奪還に動きます。
そこで飛行船での戦いになるわけです。

余談。

ルイ13世役の俳優さん。初めて見た顔なんですが、目が誰かに似てる。
誰だろう誰だろう、この表情は誰だろう??とずーっと思ってたけど、途中で気が付きました。
若い頃のヒュー・グラント!(笑) って思ったのは私だけだろうか・・・??



冒険活劇なので、当然ダルタニアン&三銃士側が勝利するんですが・・・当然のことながら続編を作ることを意識した終わり方でした。
そりゃ、バッキンガム侯爵は黙ってないわねぇ。。。

気楽に楽しめました。

が、CMではオーランドブルームとミラの映像ばっかり目立ってましたが、この人たちは準主役なんだよねぇ。主役はダルタニアンなんだよねぇ?? この扱いって日本だけなのかな・・?? 

| 観る。 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.