Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

好き勝手に
つぶやくくとこ。
pi
Comment
Link
Profile
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■魔法使いの弟子
 レンタルDVDを家族で鑑賞。

10年位前、ニコラスケイジにはまったことがあります(笑)
今から考えると、なんで?と思うんだけど、声と目が好きだったんだよねー。
ということで、先日「キックアス」も観ました。ストーリー的にはキックアスのほうがおもしろかったんですが、この映画のほうがニコがニコらしく、久々にカッケー!と思ったので、
とりあえず、先に感想を記録しておきます。



中世ヨーロッパ。その時代の一番の魔法使いマーリンには弟子が3人いて、その一人がニコ。バルサザールという名前。あとの二人がヴェロニカ(女性)・マクシム。

マーリンは弟子の一人のマクシムが裏切ることにより、邪悪な魔法使いのモルガナに殺されちゃうんだけど、その時にバルサザールに「後継者を探してモルガナを倒せ」と言い残す。そしてモルガナはヴェロニカが自分の体に吸い取ることで封じ込める。
バルサザールとヴェロニカは愛し合っており・・でも、ヴェロニカの体の中にはモルガナがいるわけで。そのまま生きていたら世界を滅ぼしてしまう。仕方なくバルサザールはヴェロニカを魔法で人形の中に封じ込めます。(モルガナを封じ込めるってことです)

その人形が、マトリョーシカみたいなんだよねー(笑)
バルサザールは邪悪な魔法使いモルガナの弟子たちをどんどんマトリョーシカに封じ込め、そして「後継者」を探し現代まで生き続ける。

って背景(笑)
しかし、この部分がものすごくスピードがはやくて、いろんな登場人物も出てくるし名前もややこしいし最初は何がなんだか??という感じでした。



で。現代のNYに場面はうつります。
小学生の男の子デイブは遠足に来てて、クラス一かわいい女の子ベッキーに気があって。彼女が書いてくれたメモが風に飛んで・・それを追いかけるうちに骨董品やさんのようなお店にたどり着きます。
そこにいたのがバルサザール。
彼が差し出した竜の形の置物をデイブが触ると・・・指輪に変わった。そう。そのデイブが捜し求めていた「後継者」だった。
そして、魔法の指輪を扱いきれずにマトリョーシカ人形から一人の邪悪な魔法使いを呼び戻してしまうデイブ。それがあの昔裏切り行為をしたマクシム。バルサザールの宿敵です。

で、まぁ、なんだかんだとあって、10年後。

遠足の時の奇行によって変人扱いされているデイブは物理が得意な大学生になっていて、10年ぶりにバルサザールがやってくる。
そして、自分がどういう位置づけの人物なのかを知るデイブ。
魔法使いの修行を始めます。

で。例のディズニーの「ファンタジア」の場面です。
ほうきやちりとりなんかが踊るあの場面。おもしろかったけど・・・ちょっとくどいかなー??(笑)
まぁ、これをやりたくてこの映画を作ったんだろうから、仕方ないかも。

10年ぶりに再会したベッキーを巻き込みながら、デイブは魔法修行をし、それをフォローするバルサザール、阻止しようとするマクシム+α・・・という感じ。

そして、最後はモルガナとの対決。
デイブはモルガナに勝てるのか?ベッキーとの恋仲はどうなる?バルサザールは・・・みたいな。



ディズニーらしいというか、ファンタジー的なところもあり、くすっと笑える部分もあり、愛もあり、戦いもあり。
そして、CGとのバランスもとてもよくて、実写メインで撮っている分とても自然に見えました。
デイブは全然かっこよくない子なんだけど、動きがおもしろくてなかなかはまってた。そしてロングコートでロングヘアのニコはぴったりー♪

ただ・・・
なんというか、ストーリーの配分がちょっとなーと言う感じがしたわー。
最初の導入部分が駆け足だったのもそうだし、デイブの魔法修行の部分が短くて、「おぃおぃ、いつの間にそんなに魔法うまくなったのー?」って感じ。
反面、前述のファンタジアのシーンが長かったり、ベッキーとのからみが長かったり。
あと15分長い映画だったらよかったのかも。
音楽はナショナルトレジャーっぽかったなー(^^);

そして、ヴェロニカ役の女性がとーってもきれいでした。

結構わくわくする映画でおもしろかったです。
| 観る。 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.